結局高校野球激戦区の愛知に引っ越すことに・・

2月 2nd, 2016

10年ほど前の話。当時高校の卒業を控えた弟が市外の専門学校へ進学することになり、新居の確保と引越しの段取りを進めました。幸いにも10月くらいに動きだせたので物件は豊富にあり、各種条件や弟の要望を照らし合わせ、新居選びはスムーズに進みました。地元から片道400km近い街への引越しなので、こんなところで躓いていてはこの先が大変です。

また、引っ越し3月料金相場.comを見ても分かる通り、3月の引越しは鬼門です。

決めた物件は学生さんを中心に対象とした中心部の賃貸マンションで、部屋はワンルームのそれほど広くない間取りながら、バスとトイレは別々で、冷蔵庫と電子レンジ、一口のIHコンロ、ベッド、クローゼット、テレビ、カウンターテーブル等が備え付けられており、生活可能なビジネスホテルと言った趣きの、何とも潔い雰囲気で好感がもてる部屋でした。

なので、必要な家財道具はそれほどありません。1階にはコンビニが在り、管理人さんも 常駐。コインランドリーコーナーとゲームセンター(温泉地並みのマニアックな)と、実に充実。お金もあまり掛けずに生活を始めることが出来るの で、弟としてもそこら辺は気にしていてくれたのかもしれませんね。

さて、新居は決まったので、今度は家財道具の検討です。コインランドリーはありますが、使う頻度も考えて洗濯機は購入することにしました。これは 事前に地元の大手家電量販店で購入し、日にちを合わせて配達してもらうことに。正直なところ大物はそれくらいですので、あとは細々とした日用品等 です。実家で何かしらのキャンペーン等で貰って溜めておいた食器ですとか、試供品の洗剤とかなんとかをここぞとばかりに大放出(意識的に集めてあった)引越し業者は使わずに自分らで行う為、家のワンボックス車に詰められるだけ詰めて当日は出発しました。男なので、服とかが少なかったのも 楽でしたね(笑 冷蔵庫の対応は冷蔵庫引越しサイトの通りやりました。

新居は5階のフロアだったのですが、エレベーターがあるので楽々です。管理人室から台車まで借りられたので捗る捗る。随時荷解きと設置を行い、不足した物を買いに行き、あっと言う間に引越しを終えることが出来ました。

因みに後日、両親の代わりに入学式へ出席したのですが、向かう前に何か実家から運び忘れた物は無いかと聞いたところ、「ダンベル。」と言われました。勿論届けましたよ(笑

手首の力を強化して長打力アップ

3月 11th, 2014

打撃の魅力は、やはり長打だ!という人もいるでしょう。
今は、力が無くて長打が打てない人でもいつか長打を打てるようになりたいはずです。

そんな時にお勧めの練習が、手首の力の強化です。
長打のためには、打球を遠くに飛ばす必要があります。
その飛距離アップに欠かせないのが手首の力なのです。

バットの芯にボールを当てることは、もちろんなのですが、
同じようにボールがバットに当たっても人によって飛距離が違う理由の多くは
手首の力の差なのです。
これは、手首の力が強いと、ボールを打った瞬間に力をボールに伝えることが
できるからなのです。
ボールを打った瞬間、手首がぎゅんと返るのです。
この手首の返りが力となり、ボールを遠くに飛ばすことが出来るのです。(参考)なんj
ですから、長打力アップ、飛距離アップのためには手首の力が重要になってくるのです。

では、どうやって手首の力を強化するか?
方法は色々ありますが、お勧めの1つとしてバドミントンがあります。

バドミントンは、シャトルを打ち合うスポーツですが、身近なスポーツの中でも
特に手首を使うスポーツです。
やはり筋力強化のためには、筋力を使うことが大事なのですが、
なかなか地味に筋トレするのは、続かないものです。
ところが、スポーツをやりながら強化していけば、これが案外続き、かつ
効果があるのです。

ということで、長打力アップのために、バドミントンを練習に取り入れることを
お勧めします。
騙されたと思ってやってみてください。

効果ありですよ。

守備の基本は壁当てです

3月 11th, 2014

野球の守備練習の基本は、壁当てです。
出来る限り広い壁を見つけて、軟式で良いので適当に壁当てをします。

その時に注意して行うのは、捕った位置からの送球を正確に的へ投げるということです。
普通は上投げですが、横手投げ、下手投げ、バックハンド、手首投げなど、いろんな投げ方をして、どんな位置からもストライクが取れるような、送球力をつけて行きましょう。

ソフトボールのピッチャーのように、ウインドミルの投げ方を練習すると、投げ方に幅が出てきます。
壁当ては基本の形、右投げの人なら、左足の前で捕球するということ、その基本が、試合になると、自然に出来るようになりますので、壁当てで体力や瞬発力もつけていきましょう。

壁当てではつかない、筋力は大事ですので、スクワットやベンチプレスなどの、筋力トレーニングをするのも必要ではないでしょうか。
最近のゴシップ記事で、桑田と金田の対談があって、金田の持論は、筋トレはいらないという持論を発表していました。

筋肉が、胸の可動範囲を狭めるから、という理由だということです。
桑田の持論は、ピッチャーの場合は筋トレではなく、自重トレーニングが必要だと言ってました。

そのことを聞いて、私自信も間違った覚え方をしてなかったと、胸をなでおろしました。

打撃の基本はなぜセンター返しなのか

3月 10th, 2014

野球の打撃向上の為のスイングは、形をキレイにしていくことから始めます。
スイングの基本は無駄な力が入らないスイングで、必要な力が入るスイングです。
身長が160センチでも、スタンドに入れることも出来ます。
ただ、身体の大きさがあり、飛距離がありますので、身体が小さいとスタンドイインするその「確率」が低いというだけです。
それならば、スタンドに入れる確率を上げてやればいいのです。
気持ちはスタンドになりましたが、ヒットという感覚でいけば、打球の上がり方を制御できれば、センターに打つのが一番確率の高いヒットゾーンになります。
理由としましては、センターから45度、左右がフェアゾーンになるからです。
どんなに良い当たりでも、ファールはファールです。
そしてセンターに打球を飛ばすには、投球を正面から捉えないといけません。
理論と実践はちがいますが、右打ちが難しいという人は、インサイドアウトが出来ていない人です。
センターにキッチリと打ち返すことが出来る人は、ライトにもレフトにも簡単に打てます。
それは基本ができているからです。
素振りの時には、打球方向と投手の投げる球のコースをイメージしながら素振りすると、上達が早くなります。
頑張ってください。